使用する空間に合わせて、タイルのように定形のものを敷き詰めて使用します。
大きさは、45cm角や50cm角が一般的です。
必要な部分に敷き並べるだけなので簡単に施工できるほか、木の床、塩ビタイル、コンクリート、モルタルなど、ほとんどの下地に対応できます。
汚れた部分だけを取り替えたり、床下の配線工事などのための一時的な取り外しにも簡単に対応できるので、オフィスなどでよく採用されます。 大きさや種類はさまざまで、市松模様に並べるなど、デザイン的な工夫も可能です。(写真は市松模様に並べたものです。)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です