リフォームの場合も、基本的な作業工程は一緒です。
ただし、新築の場合には無い工程がひとつあります。それは、

既存のクロスを剥がすことが必要

ということです。
クロスが古くなり硬化してしまった場合や、発砲系(表面がもこもこしている)クロス
などは、剥がすことが容易ではありません。まったく剥がれないという場合もあります。
その場合、ヘラなどを利用して剥がすことになり、傷ついた下地処理の手間が大幅に増えることもあります。
リフォームの場合には、事前の打合せをしっかりとし、余裕をもった工程で作業することが重要になります。

 創美では、クロスが劣化する前の張替えをおすすめしております。今使用中のクロスに不安がある方はお気軽にお電話ください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です